専業主婦のママへ。「私が働いていないから悪い」発言は要注意!男性がイラつく理由

夫婦仲を良好にするマインド
スポンサーリンク

こんにちは、はーちゃんです。

 

幼稚園でインフルエンザが流行りだし、ヒヤヒヤしている今日この頃。

 

去年は、上の子がインフルエンザになり、見事に赤ちゃんにも移りました。

 

小さな子の隔離は難しく、とても大変だったのを覚えています。

今年はどうかどうか、かからないでおくれ。

 

 

さてさて。

 

前回、専業主婦に引け目を感じることによって起こる良くない夫婦の関係性についてお話しました。

 

専業主婦を引け目に感じない方が、夫婦関係がうまくいく理由。
こんにちは、はーちゃんです。 いろいろな方のブログを読んでいると、たまに小さな子のいる専業主婦の方が「私が働いていないから仕方がない‥」と専業主婦であることに引け目を感じているのを見かけます。 家計が苦しくても‥...

 

今日は、その続き。

専業主婦に引け目を感じている発言が引き起こす、さらなる悪状況をお伝えします。

 

男女の考え方の違いによるものです。

 

「私が働いていないから悪い」発言から男性が感じるメッセージとは?

 

「私が働いていないから悪いんだよ」

「働いていないから仕方がない」

 

本当に引け目に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

家計が苦しいのは、夫のせいではなく私が働いていないせいだと優しさから言った方もいるかもしれません。

 

もしくは、自分からそう下手に出ることによって、夫から「そんなことないよ!」と言われたい女心が隠れている方もいるかもしれません。

 

でも、いずれにしろ、本当にこの言葉は要注意!

 

夫が「そんなことないよ!」と思わない、言わないだけでなく

逆に夫をイラつかせる原因になるのです。

 

 

「私が働いていないから悪いんだよ」という言葉。

 

それは、夫に対して、

 

「あなたの給料だけで生活していけませんよ。

生活できても、キツイですよ。

幸せじゃありませんよ。」

 

と言っているようなものです。

 

これは、男性にとっては、本当に致命的。内心プライドを踏みにじられて、腹が立って仕方がないはずです。

 

男性にとって、お金を稼ぎ、家族を養うという使命は、最も大切なことだからです。

 

それが、うまく出来ていない。

家族が満足していないという現実は耐え難いものなのです。

 

そして、それを理解せずに、遠慮なく言ってくる妻に対し苛立ちます。

 

家計を管理しているのが妻である場合、苦しい家計に対してネガティブになり、つい文句を言ってしまったり、悲観的な発言をしてしまいがちになりますが、

お金を稼ぐことは、男性にとってかなりデリケートな部分なのです。

 

なので、そこを理解し、大切にしてあげましょう。

 

 

そもそも、先の発言や、「お金がない」発言などを言ってもお金は増えません。涙。

 

それどころか、夫の信頼ややる気を失ってしまう危険の方が高いのです。

 

こちらはそんな意味はなくても、男性は敏感に反応していますので、気をつけましょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました