スポンサーリンク

幼稚園の入園準備。幼稚園児におすすめな水筒の大きさは?

こんにちは、はーちゃんです。

4月から新たに幼稚園に入園するお子さんがいらっしゃる方は、年も明けて、いよいよ入園が間近に近まってきたことを感じられているのではないでしょうか?

今まで、朝に起きてからずっと1日中一緒にいた我が子との生活がいよいよ終わると思うと感慨深いものがありますよね。

と、同時に我が子の社会デビュー!笑

手作り品から購入品まで、準備するものがたくさんありますよね。

今日は、私が準備する中で、かなり迷いに迷った「園児に適した水筒」について、実体験からリアルな感想をお伝えします。

幼稚園にかかる費用も気になりますよね。こちらで公開しています▷▷

子供にかかる費用はいくら?私立幼稚園で実際にかかった費用を公開
こんにちは、はーちゃんです。 我が家には、5歳、3歳、0歳の3人の玉のように可愛い子供たちがいます(^^) 夫婦の考えにより、小...
スポンサーリンク

プラスチック製?それともステンレス?

まずは、水筒のタイプ。

プラスチック製かステンレス製かのどちらかになりますよね。

プラスチック製の良さは、軽いこと。

通園カバンやご用意袋やら、意外に園児の持ち物は多いため、小さな年少さんにとっては、荷物を持つだけでも疲れるもの。

出来るだけ軽いものが良いですよね。

ただ、プラスチック製の心配な点は、お茶の劣化。

春先や秋冬は問題ありませんが、梅雨時期から夏になってくると、中身の劣化が心配になります。

特に、夏休みが終わって運動会の練習が始まる頃。

まだまだ残暑や日差しが厳しい中、練習中はすぐに水分補給ができるように、園庭に水筒を置いておくことがあります。

プラスチック製の水筒だと中身が心配ですよね。

そのため、はーちゃんは園児の水筒はステンレス製をオススメします。

もしくは、入園当初はプラスチック製を使用し、暑くなってきた頃にステンレス製に変えると良いかと思います。

水筒の大きさは?

わが子や周りの子供たちのリサーチの結果、年少さんは、600ml前後を使用している子が多いようです。

500ml以下は初めはよくても、夏場は足りないみたいですね。

わが子には620mlのステンレス製の水筒を、入園時に準備しました。

初めの頃は中身を満杯に入れずに、少しでも軽くなるようにしました。

でも、この620mlの水筒。

年中〜年長になってくると、よく水を飲む子は、夏場は足りなくなってきます。

わが子の幼稚園は、だいたい年中の後半からチラホラ800〜1000mlのスポーツタイプの水筒に買い替える人が多いですね。

長女も年長になった頃に、使っていた水筒が壊れたのを機に、800mlの水筒に買い替えました。

ちなみに、水筒は肩ベルトが食い込んで痛くなるので、肩ベルトカバーを付けてあげると良いかと思います。

水筒のタイプはどれが良いの?

水筒には、ストロータイプ、コップ飲み、直飲みの3種類あります。

これは、私の周りでは圧倒的に直飲みタイプが多いようです。

まだ直飲みが心配な年少さんは、ストロータイプでも良いと思いますが、結構子供はすぐに直飲みタイプで飲めるようになりますよ。

コップタイプは、片手でコップを持ち、もう片手で水筒を持って注ぐということが子供はまだできないので、テーブル、もしくは誰かにコップを持っていてもらわないといけなくなります。

コップは、室内ならよいですが、屋外では子供には飲みづらいですね。

最近の水筒は直飲みとコップ飲みの2wayタイプだったりするので、それを選んでも良いと思います。

なお、幼稚園によってはコップタイプや直飲みタイプなど指定があったりするので、必ず幼稚園に指定がないかを確認してから購入するようにしてくださいね!

キャラクター物の水筒を買う前に、ぜひチェックしておいてほしい点とは?
こんにちは、はーちゃんです。 前回、幼稚園児の水筒についてお伝えしました。 今日はその補足。 子供...

園児2人のわが家の家計簿を公開中▷▷

【家計公開】子供の費用が家計を圧迫⁈私立幼稚園児2名、専業主婦の一馬力の家計を公開!
現在、我が家は教育費ビッグウェーブの第一波を迎えています。 平たく言えば、私立幼稚園に子供が2名通っているということなんですが...