スポンサーリンク

赤ちゃんが何で泣いているか分からない場合、泣いている理由の8割はコレ!

こんにちは。はーちゃんです。

早速ですが、赤ちゃんってよく泣きますよね。

こんなに泣くものだなんて、母親になって初めて知りました。

初めの頃は、何で泣いているのかわからずにオロオロしたものです。

今日は、そんな赤ちゃんの泣く理由についてお話します。

スポンサーリンク

お母さんは、赤ちゃんの泣き声で何で泣いているのか分かるって本当?

1人目を妊娠中から、私の母世代の方に会う度に良く言われていました。

「ママは、赤ちゃんの泣き声を聞いただけで、そのうち何で泣いているのか分かるようになるよ」

・お腹が空いた

・抱っこしてほしい

・眠たい

・オムツが気持ち悪い

・運動のために泣いている

この泣き方は○○だね!と分かるそうです。

はーちゃん、3人育ててきましたが、思います。

泣き声だけで、本当にその理由は分かりますか?笑

私が泣き声で判断できるのは、全体の2〜3割ほどじゃないでしょうか。

3人目ですが、泣き声の違いは正直あまり分かりません。

私の考えですが、ママは、泣き声の違いではなく、日々の生活リズムや経験から、「きっとこれで泣いているのね!」と判断しているのだと感じました。

起きてから○時間経ったから、そろそろ眠いのね!

前の授乳から時間が経ったからお腹が空いているのね!

という風に、経験から私は判断しています。

初めての育児は、経験がないから、分からないことだらけ

なので、その経験がなかった1人目の時は、何で泣いているのか分からないことだらけで一つ一つ心配しました。

授乳もして、オムツも替えて、抱っこしていても激しく仰け反って泣くことがあるんです。

抱っこしても泣くなんて、どうしたら良いの?

激しく泣いて具合が悪いのでは?

何で泣いているのか分からずに、1人で不安になったものです。

でも、3人を育てるうちに得た経験から、赤ちゃんが何をしても激しく泣くとき、

ほとんどの場合の理由はコレだと分かりました。

赤ちゃんが何をしても泣く場合、ほとんどの理由はコレ!

その理由は、ズバリ!

ただ眠たいだけということです。

寝ぐずりというものですね。

赤ちゃんは、自ら眠ろうとはできません。

眠いから寝よう!となってくれたら、本当にラクなのですが。笑

赤ちゃんにとって、眠りに落ちる感覚は恐いのだと聞いたこともあります。

どちらにせよ、赤ちゃんは【眠るための導入】が必要になってくるのです。

だいたいが抱っこでユラユラだったり、授乳だったり。

赤ちゃんによっては、お布団に寝かせて、トントンと添い寝することだったりもします。

その睡眠への導入がうまくいかず、

眠たいのにうまく眠れない場合に、赤ちゃんは激しく泣くのです。

このことに気づくまでは、具合が悪いのか本当に心配しました。

赤ちゃんが泣きながら、目の周りを抱っこしている私に押し付けてきたりするのを、「目が痒いのかな‥」と心配したりもしました。

これは、今だから分かるのですが、目が痒いのではなくて、眠くて目をこすっているんですね。

自分では出来ないので、私の身体に目をこすりつけていたわけです。

その子にあった睡眠の導入をしてあげれば、暴れながらもだいたいコテっと眠ります。

赤ちゃんにとって、睡眠はかなり大切です。

もちろん本当に具合が悪い場合もありますが、大抵は寝ぐずりなので、安心して睡眠の導入をしてあげて下さい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
赤ちゃんが何で泣いているか分からない場合、泣いている理由の8割はコレ!
この記事をお届けした
ままメモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする