スポンサーリンク

出産にかかる費用はいくら?分娩費用を公開!

こんにちは、はーちゃんです。

ついに夏休みも終わりますね!

長女の幼稚園最後の夏休み。

長男の幼稚園最初の夏休み。

本当にあっという間だったな〜。

来年は、ついに小学生の夏休み!

自由研究やら読書感想文やら‥今までのようにただ遊んでた夏休みとは違って、宿題をきちんとさせないといけないので母である私もしっかりしないとな‥。

‥って、ちょっと気が早いですね!

今日は、昨日に引き続き、みんな気になるお金の話。

出産にかかる費用を公開します。

実際に3人目を生んだ際にかかった費用です。

手当が出るとはいえ、出産はお金がかかりますからね‥。

これから出産を控えている方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

もらえる手当。出産一時金とは?

出産は病気ではないので、健康保険は使えませんが、健康保険加入者やその配偶者に対し、手当がもらえます。

その手当を出産一時金と呼びます。

対象者は、妊娠85日が経過している方。たとえ流産や死産でも85日を過ぎていたら給付されます。

いくらもらえるの?

赤ちゃん1人につき42万円です。

ただし、以下のような若干異なるケースもあります。
・産科医療補償制度加算対象ではない病院で出産した場合や22週未満で出産した場合⇒支給額は40.4万円

・付加給付金がある健康保険に加入している場合⇒支給額は42万円+付加給付分

私の産婦人科のスペックは?

地方の個人病院。
建て替えてまだ数年なので、とてもキレイです。

健診時

健診は無料チケット内でほとんど済んだので、健診時は追加請求されることはほぼなし。

張り止めや鉄剤を処方された時の薬代ていど。

分娩時

すべて個室。

家族宿泊OK。(別途寝具代要)

お祝い膳、アロママッサージ、たくさんのお土産付き。

出産費用公開

入院4泊5日。

合計 約444,000円でした。

そこから、出産一時金の420,000円を引いて

約24,000円の手出しとなりました。

でも、そのうち10,000円程は
家族が病室に泊まったので、その宿泊代、寝具代、ご飯代などです。

家族が泊まったり、ご飯を一緒に注文したりしなければ10,000円程安くすみました。

まあ、上の子2人が小さく私にべったりでしたので、この費用は仕方がないと思っています。

最後に

この手出し24,000円って、実はかなり安いようです。

他の地域に住まわれている方は、42万の手当では全く足りずに、10万〜20万手出しをしているそうです。

私は1人目は別の産院で産みましたが、やはり手出しは20,000円ほどでした。

住んでいる地域によって、随分と変わるようですね。

事前に住んでいる地域のだいたいの相場をネットなどで調べておくと安心ですね。

こちらのサイトで各地域の産婦人科の口コミが載っています。分娩費用も書いてあり、参考になりますよ。

ウィメンズパーク