スポンサーリンク

切迫早産で突然の入院!その入院生活は?赤ちゃんへの影響は大丈夫?

こんにちは、はーちゃんです。

今日は、切迫早産での入院についてお話します。

実は、はーちゃんは切迫早産で1ヶ月半ほど入院した経験があります。

人生において、そんなに長く入院したのも初めて。

そして、切迫早産での入院って本当にある日突然やってくるんです。

「このまま今から入院ね」という医者の一声で、長期間の入院生活が幕を開ける。

「ちょっと待って、、」と思っても、全てはお腹の中の赤ちゃんを守るためなので、拒否することなんて出来ません。

初めての経験だし、本当に突然のことなので、たくさんのことが不安になりました。

○赤ちゃんのこと
○入院生活のこと
○入院費用のこと
○上の子のこと
・・etc..

今日は、そんな不安の中の一つ「赤ちゃんのことと入院生活について」私の経験をお伝えします。

スポンサーリンク

私の切迫早産は?

私は妊娠8ヶ月の後半から正産期になる37週まで約1ヶ月半ほど入院していました。

もともと妊娠初期から切迫流産で自宅安静を指示されており、安定期に入って安静が解除された後も、何かとお腹が張りやすい妊娠経過でした。

切迫流産と診断された人は、切迫早産にもなりやすいと聞いたことがありますが、まさに私はソレでした。

妊娠8ヶ月の頃、本当に突然、定期的にお腹が張り始めました。

痛みはありませんでしたが、子宮が軽く収縮しているのが分かりました。

時間を測ると10分間隔。

これは、ヤバイのではないかと思い、慌てて産婦人科に電話をして向かいました。

家事などを全て中断し、とりあえず着の身着のままで家を後にしましたが、まさかのそれっきり。

次に帰宅できたのは1ヶ月半後になったのでした。

病院に着いて、張りをみるNSTのグラフに、はっきりと子宮収縮を示す定期的な山が表れ、子宮収縮を抑える点滴に24時間つながれる入院生活が始まったのでした。

切迫早産での入院生活は?

トイレとシャワー以外は、ベッドで安静が基本です。

シャワーは2日に1回許可されました。

点滴は1日中抜けずに、もちろんシャワー中も点滴をしたままになります。

点滴の針は4〜5日に1回別の場所に刺し直しをされましたが、血管が痛くて4〜5日持たずに刺し直してもらうことも後半は良くありました。

辛かった分、退院前に点滴が外れた時の爽快感は最高でした。

また、個人病院の産婦人科だったため、食事は病院食ではなく、産後のママ用の豪華な食事と同じ内容だったのでラッキーでした。

ただ、ベッドで動かない生活のまま、食事だけ豪勢だったので、メキメキと体重が増えていく結果に。

切迫早産で個人病院に入院される方は、体重管理に気をつけられることをオススメします。笑

赤ちゃんへの影響は?

入院したての頃は、赤ちゃんのことが心配で何度か泣いていました。

私は医学の知識はないので何とも言えませんが、私の経験では、点滴で張りが抑えられ(点滴を抜くと、また張ってくる)きちんと問題なくお腹の中で成長してくれました。

37週に入り、点滴を外すとすぐに生まれてくるかなと予想してましたが、意外にも予定日近くまで生まれてきませんでした。

そして、問題なく生まれてきてくれた赤ちゃんは、その後も健診で引っかかることもなくスクスク大きくなり、今は元気いっぱいの幼稚園児になってくれました。

最後に

始めの頃は、本当に不安でいっぱいでしたが、不安やストレスはますます子宮を収縮させるので、私は途中からこの入院生活を楽しむことにしました。

いつも上の子優先で、無理をして動いていたので、入院中は赤ちゃんと2人っきりの時間だと思うようにし、普段はできない本を読んだり、ネットゲームをしたりして過ごしました。

この機会に読みたかった漫画を大量に借りて読破したり。

切迫早産の入院は、先が長いように感じますが、必ず終わりの期限が決まっている入院です。

焦らず、必要以上に不安にならず、生まれるまでの残りの時間をゆったりと過ごしてくださいね。

関連記事▷▷

切迫早産で長期入院。その入院費用を公開!健康保険の適用はどこまで?
こんにちは、はーちゃんです。 前回、切迫早産での入院生活と赤ちゃんへの影響についてお伝えしました。 今日は、切迫...