フリースタイル出産で絶対に気をつけてほしいこと【経験談】

妊娠・出産
スポンサーリンク

こんにちは、はーちゃんです。

今日は気分を変えて、出産のお話をします。

 

私は、1人目は分娩台の上での出産。

2人目と3人目はフリースタイル出産にて産みました。

 

 

フリースタイル出産に憧れがあって‥という訳ではなく、

ただ単純に、2人目以降は入院時に上の子も一緒に入院できるという産婦人科がフリースタイル出産の病院だったため、必然的にフリースタイル出産となりました。

 

そのため、正直、フリースタイル出産にとても不安がありました。

 

 

今日は、これからフリースタイル出産を控えている方へ向けて参考になるように、私の経験談から絶対に気をつけてほしいことをお伝えします。

 

フリースタイル出産とは?

分娩台の上での出産のスタイルは皆さんイメージがつきやすいかと思います。

なぜあの体勢かというと、妊婦さんにとって産みやすいからいうわけではなく、処置がしやすいためなんですね。

 

反対にフリースタイル出産は、妊婦さんにとって1番産みやすい体勢で自由に産みましょう、という出産になります。

四つん這いや、横向き、しゃがんだ状態など、産み方は人それぞれです。

 

分娩室はどんな感じ?

これは病院によって異なるかと思いますが、私の病院は分娩室が和室でした。

畳の上に防水シートを引いて、「さあこの上でご自由に」という状態です。

 

壁にはバーがあり、天井からはロープが下がっていました。

時代劇などの出産シーンを見られたことはありませんか?

天井からの縄を掴みながら、妊婦さんが出産するのですが、まさにアレです。

 

バーやロープにしがみつきながら、陣痛に耐えたり、分娩時に身体を支えたりできます。

 

フリースタイル出産をするにあたって、絶対に気をつけてほしいこと

 

私は2度フリースタイル出産を経験しています。

 

1度目は本当に何も分からない状態でした。

産院の勉強会で、フリースタイル出産のことはもちろん勉強しましたが、いまいちピンときていない。

 

そんな中で、私は致命的なミスをしてしまったのです。

 

でも、勉強会でも、「フリースタイル出産をするなら、ソレに気をつけて!」なんて教わっていないので、気づけないといえば気づけなくて仕方ないのですが。苦笑

 

 

 

では、その致命的なミスとは?

 

 

 

 

ズバリ、太り過ぎてしまったこと!

 

 

なんと、元の体重からプラス20kg近く増えてしまっていたのです。

 

 

こうなると、寝返りを打つのも一苦労。起き上がるのも一苦労。

 

もうね、陣痛に耐えながら産みやすい姿勢に身体を動かす‥なんてムリ。

 

 

産みやすい楽な姿勢をとる!‥というフリースタイル出産の醍醐味を一切味わえませんでした。

 

夫が立ち会えば、また少しは違ったのでしょうが、スピード出産だったため夫も間に合わず。

 

 

結局、完全に畳に仰向けで寝た状態で産みました。

 

これが、本当にキツイ。

 

分娩介助にきた医師が、私の体勢を見て開口一番

「これは苦しいでしょう。せめてクッションを背中に当てて、上体を少しでも起こしてあげて」

と助産師さんに指示したほど。

 

仰向けからの、泣けなしのクッション1個。笑

 

 

いきむためには、少し上体を起こさないといけなかったけれど、もちろんクッション1個で足りるはずもなく。

 

いきむ度に、天井からのロープを掴んで、腹筋のように自力で上体を持ち上げるハメになりました。(もちろん身体が重いのでほとんど上がらないのですが)

 

 

大きいお腹で仰向けは息苦しいし

ロープを掴んでいる腕はパンパンだし

 

ない腹筋を必死に使って上体を起こす。

 

 

 

いやコレ。まさに、修行。

 

 

いきみながら何度も思いましたね。

 

分娩台の方が100倍ラク。涙

背もたれで最初から上体が起きているから。

 

 

こうして、1度目の私のフリースタイル出産は幕を閉じました。

 

最後に

 

フリースタイル出産を考えられている方は、私のようにならないように、太り過ぎにはお気をつけください^^;

 

 

1度目のフリースタイル出産は、このように、フリースタイル出産の良さを一切感じられませんでしたが、

 

体重管理に気をつけて望んだ2度目のフリースタイル出産は本当に素晴らしいものでした。

 

次回は、フリースタイル出産の良さをお伝えしたいと思います。

 

続きはこちら▷▷

フリースタイル出産の素晴らしさとは?【経験談】
こんにちは、はーちゃんです。 前回、私はフリースタイル出産で犯した致命的なミスについてお話ししました。 今日は、前回とは反対に、フリースタイル出産の素晴らしさをお伝えしたいと思います。 ...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました