スポンサーリンク

泣いている子供を一瞬にして笑顔にするおすすめの方法

小さな子供は、本当に良く泣きます。

こちらに余裕がある時は、その一生懸命な泣き顔さえも、とても可愛いらしいものなのですが。

でも、こちらに余裕のない時に、ずっと泣かれたりすると、「もー、うるさーい!」「早く泣き止みなさーい!」とイライラしてきちゃうことありますよね。

そうなると、ママのイライラが伝わって子供は余計に泣きますし、さらにママのイライラも増す‥という悪循環になり、お互い嫌な気持ちにしかならないので、できれば避けたいものです。

なので。今日は、私が実際に使っている【泣いている子供を一瞬で笑顔に変えちゃう方法】を伝授します♡

スポンサーリンク

子供は泣きながら、自分でも訳がわからなくなってしまう

泣いている子供に対しての接し方は、いろいろとあります。

まずは、抱っこして話を聞いて、気持ちに共感してあげるなどは、テッパンの方法です。

共感してもらうことで、子供は受け入れられたと感じ気持ちが落ち着きます。

でも、もはや話を聞くなんてレベルを通り越して、子供が激しく癇癪を起こして泣いてしまってることがあります。

何を聞いてもイヤ!じゃあ、反対のことを言ってもイヤ!とにかく全部がイヤ!

そうなると泣き叫んで、手がつけられません。

小さな幼児は、自分でも最早なんで泣いているのか分からなくなるんですよね。

「このぐちゃぐちゃの気持ち、もうどうして良いかわかんない!ママ何とかして!」となってしまってます。

そうなると、真っ向からその子供のぐちゃぐちゃした気持ちに向かっても、あまりうまくいきません。

状況によっては、ひたすら抱きしめることが必要な場合もありますが、気持ちをそらしてあげることが1番効果があったりします。

ママは木になる

子供が「キー!」となって手がつけられなくなった場合、その「キー!」となった感情を切り替えるために、私がたまに使っている方法です。

題して、「ママは木になる作戦」

「◯◯ちゃん、そんなにイヤイヤ言ってると、ママは木になっちゃう!笑」

そう楽しそうに言いながら、両手をあげて木のポーズを突然とります。(あ、木のポーズは適当です。笑)

「ママは木になっちゃったよ。木だからもうくすぐられても、くすぐったくないよ」

「ちょっと、くすぐってみて」

突然の「木ごっこ」の始まりに子供はびっくりし、だいたい、この辺りで子供は泣き止んでます。

この後は、いろいろなバリエーションがあるのですが、

「◯◯ちゃんも木になってみて」と言ってくすぐり合ったり、

キツツキが遊びに来て、ツンツンツンって突いてあげたり

クワガタやリスなども登場して、コチョコチョ歩いたり

誰が1番「木」らしく、くすぐったがらずにいられるかというゲームになります。

こうなると、子供は大喜びで、もう泣いていたことなんて、ケロッと忘れています。

ママも、激しく泣かれてイライラするよりも、こっちの方がずーっとラクです。

小さな子供が泣き止まない時、ぜひ試してみて下さると嬉しいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
泣いている子供を一瞬にして笑顔にするおすすめの方法
この記事をお届けした
ままメモの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアする

フォローする