【男性の大切にする】と【女性の大切にされている】にはギャップがある。妻を大切に思っている男性がとる行動とは?

夫婦仲を良好にするマインド
スポンサーリンク

こんにちは、はーちゃんです。

 

私は、以前イライラに隠れた私の本当の気持ちについてお伝えしました。

産後クライシスの乗り越え方。イライラの裏にこそある本当の気持ちとは?
こんにちは、はーちゃんです。 前回、夫と分かり合えないと絶望した時に救ってくれたマインドについてお話しました。 今日は、それと並行して、夫との関係改善に向けて、私が乗り越えなければならなか...

 

私のイライラやモヤモヤの根本にあるもの。

【夫に認めて褒めてもらいたい。

関心を示して、大変さを労ってほしい。

寄り添ってほしい。

愛してほしい。】

 

一言で簡単に言えば、私は夫から「大切にされていないように感じて」イライラしていたということです。

 

では、本当に夫は私のことを大切にしてくれていなかったのでしょうか?

 

その答えは、こちらに詳しく書いています。▷▷

【夫婦仲が悪くなる原因の本質】と【夫婦関係を改善するために一番必要なこと】
こんにちは。はーちゃんです。 前回、夫へのイライラの裏に隠れた私の本当の気持ちについて書きました。 今日お伝えする内容は、こちらの続きになりますので、こちらから読んで頂けると分かりやすいです。▷▷ 私が...
【夫婦不仲に陥る原因の本質】私の夫は自分勝手なひどい人⁈夫と分かり合えない原因と解決策とは?
こんにちは、はーちゃんです。 私は、1人目を出産後、壮絶な産後クライシスを経験し、夫と別居の話が出るまで夫婦仲は険悪になりました。 そこから脱することができた私の経験をブログに綴っています。 詳しくは▷▷カテゴ...
夫婦喧嘩が絶えない!?夫に対して、なぜ私を大切にしてくれないの?と思う方へ
こんにちは、はーちゃんです。 私は、全然大切にされない 私は、いつも後回しにされる 私は、損な役ばかり押し付けられる 私は、ツイてない   私って可哀想 私って不幸 ...

 

でも、実際に【男女の違い】によるギャップやすれ違いは存在するのです。

 

その違いによって、夫が妻を大切にしているつもりでも、それが伝わりにくい。

その男女の違いによって、夫側はそんなつもりはないのに、妻は大切にされていないように感じるのですね。

 

なので、その男女の違いを知っておくことは、夫婦関係において、相手の反応や態度の意味が理解でき、

必要以上にイライラやモヤモヤしなくてすみます。

 

今日は、その男女の違いについてお伝えしますね。

 

パートナーから大切にされていないように感じてしまう【男女の違い】とは?

男性の「大切にする」と女性の「大切にされている」にはギャップがある

男性は元来、感情をあまり口にしません。

「愛してる」の安売りはしませんし、口先だけの「大切」には意味がないと思っていて、

実際に行動で示すことに重きを置いています。

 

・仕事を頑張る

・妻の希望を優先する

・妻に付き合う

・妻の頼みを聞く

・自分が我慢する

 

など、こういったことは妻を大切にしようという夫の思いの表れであったりします。

 

ここでポイントなのは、仕事を頑張る以外は、妻からの何かしらの発信があって初めて、それにできるだけ応えようとしていることです。

 

つまり、夫側は、妻の言っていることはできるだけしてあげようと思っていますが、

察する能力がないので、妻からの指示がないと【今は何もしなくて良いんだ】と思ってしまう節があります。

よって動けません。

 

一方、妻は夫からの言葉が欲しいし、仕事も頑張ってほしいけど、早く帰ってきて手伝ってほしい。

しかも、きちんと察して自分から動いてほしいし、妻に関心を示してほしい。

やはり、妻側は、「私に関心があれば、自ら動いて手伝ったり労ったりしてくれるはずでしょ」と思いがちなのです。

 

でも、男性にとって、察する能力が備わっていないことに加え、

「頼まれていないことを勝手に手伝う」ということは、

相手を低くみているのと同じように感じるそうで、本能的にあまりしません。

 

これは、男女の違いで、

女性が甘い物が好き、おしゃべりが好きなどと同じ本能的なことなので、仕方がないのです。

 

この男女の違いにより、男性は妻を大切に思っているのに、妻にはなかなか伝わっていないことがあります。

 

外で働く夫と家で育児をする妻の生活リズムの違い

外で働いている夫は、一定時間を外で働き、その後自宅に帰って休息し、また翌日に外に出て働きます。

幼い子を育てる妻は、生活そのものに育児という仕事が組み込まれているため、仕事と休息は分けることができません。

例え昼寝ができたとしても、話は違うのです。

 

自分のペースではなく、子供のペースですべて動かなければいけないということがしんどいのです。

 

一方、男性は毎日働き続けるためには、仕事から疲れて帰ってきて、ホッと休む時間というものが必要なように作られているそうです。

でも、妻からしたら、「自分のペースで好きに休憩できて良いね。」とイラつかせる原因になるのです。

 

子供のペースでしか休めない妻と、仕事が終わってやっと休める夫。

 

「赤ちゃん泣いてるし」

「まだ明日のご飯の仕込み終わってないし」

 

など、生活に組み込まれている妻の仕事は、繰り返しで終わりがなく、そんな中を仕事終わりにホッとのんきにくつろいでいる夫を見ると、

「何にも家の状況を分かってない!」と夫からの無関心を感じるのです。

 

また、外で働いているママも多数いる現在、仕事終わりに夫が家で一人寛いでいたら腹が立つのは当然です。

でも、先程お伝えしたように、夫に思いやりがないわけではなく、男性の特質上、言われないと分かりません。

口で言うとお互い疲れていて角が立つこともあるので、具体的に表にするなど、可視化してしまうと男性には伝わりやすいです。

 

どうすれば、夫の大切にしている気持ちを感じられるの?

では、どうすれば、夫から大切にされていることを感じられるのでしょうか?

 

夫に対してイライラ、モヤモヤとなった時はじつはチャンスなんです!

イライラ、モヤモヤはしんどくて、衝動的で嫌なものなイメージかもしれませんが、

イライラやモヤモヤは実はそんなに悪いことじゃありません。

 

それは、今の自分の本当の声を聞くチャンス。

 

何がイラつくの?

何でイラつくの?

どうして欲しかったの?

夫は何でそんな行動をとったの?

何であんなことを言ったの?

 

自分の立場と夫の立場、両方に立ってみて冷静に分析してみると、自分の気持ち、夫の気持ちが見えてきます。

 

夫は◯◯な理由があったから、こうしたんだ(こうできなかったんだ)など、目の前のイライラだけでなく、物事の本質に目を向けるのです。

夫が私をイライラさせたその行動をとったのは、◯◯な理由があったからであって、

私に関心がないわけでも、認めていないわけでも、否定しているわけでもないのです。

とりあえず落ち着いて、きちんと振り返る。目の前の状況を冷静にみてみてください。

あなたが怒っているすぐ隣には、夫からの【大切にしているサイン】が転がっていたのかもしれません。

夫の気持ちを「受け取る」練習をしましょう♡

 

こちらの記事も合わせてお読み頂くと分かりやすいかと思います。

離婚しないために。産後クライシスの解決法*夫婦仲を改善できたたった一つの方法とは?
こんにちは。はーちゃんです。 前回、産後に夫とのケンカが絶えなかったこととその原因について書きました。 では、今日はその続きである【たった一つの解決策】について話したいと思います。 産後クライシスから抜け出そう...
夫婦仲を改善するために大切な二本目の柱とは?
こんにちは、はーちゃんです。 私は、以前、【夫婦仲を改善するための大切な第一歩】についてお伝えしました。 今日は、その次のステップ。 二本目の柱となる大切なお話です。 夫婦仲を改善するための二本目...

 

 

慣れるまでは、ノートに書き出す

最初のうちは、難しいかもしれません。

そんな時は、夫のことを毎日ノートに書き出して見てください。

・してくれたこと

・好きなところ

・仕事に頑張っている様子など

人は21日続けると習慣付きます。

思考の習慣付けの訓練のように、冷静に夫を見て、してくれたことに目を向けるのです。

夫が実は自分を大切にしてくれていたことに気付けるはずです。

最後に

小さい子を育てているママは、承認欲求が満たされにくいという特殊な環境で過ごしています。

でも、同時に小さい子を育てるということは、これほどまで愛おしく、尊い仕事なのだと感じている方も多いと思います。

そのような幸せな時期であるはずなのに、承認欲求が満たされずにイライラしたり、夫とケンカが絶えないという状況に陥っていることが、よりママを追いつめるのではないかと感じました。

 

プラスの感情もマイナスの感情も同時に起こることが、小さな子のママであるこの時期なのです。

 

この状況を受け入れ、悲観的にならずに、うまく向き合えたら、自分も家族も随分と楽に楽しく過ごせるかもしれません。

この記事が、何かの気づきのお手伝いになれば嬉しく思います。

夫婦仲を改善するために、思い出してほしい大切な原則とは?
こんにちは、はーちゃんです。 私は以前、夫婦仲を改善するために必要なベースについてお伝えしました。 自分をダメだと思ってしまうと、夫から、自分をより認めてもらいたくなってしまうというお話でした。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました