3歳児健診でオムツの外れていない子の尿検査をクリアする方法を紹介!

子育て
スポンサーリンク

こんにちは、はーちゃんです。

3歳になると、どの子も決まって3歳児健診がありますね。

そして、健診の項目の一つにあるんです。

オムツの子には難関の『尿検査』。

 

1番上のお姉ちゃんは、3歳になるまでにオムツが完全に外れていたので、問題なく尿検査をクリアできました。

 

が。

真ん中の息子。

頑なにトイレトレーニングを拒否していて、採尿なんてぜっったいに、無理!!

 

はーちゃん
はーちゃん

いや〜、息子は手強かった。。

 

そんなトイレトレーニング完全拒否中の3歳児に対して、私が実際に行った採尿の方法をご紹介します。

 

それでは、どうぞ!

 

3歳児健診とは?尿検査のやり方は?

私の住んでいる自治体の場合、満3歳になった2〜3週間後に行われました。

自治体より案内が届き、指定の日に集団健診にて行われます。

 

身長、体重、歯科健診、小児科医による内科健診、保健師さんとの問診による発達チェックなど内容は盛りだくさんです。

 

また、家で事前に聴力検査や視力検査もしておくように検査キットが案内と一緒に送られてきます。

 

尿検査に対しては、事前に家で取ってくるようにとの指示が書いてあるだけでした。

尿を入れる容器は添付されていなかったので、家にある清潔な容器に入れる必要がありました。

空いたジャムの瓶や醤油やソースを入れるお弁当用の小さなチューブなどに入れている方が多かったです。

 

尿検査直前の息子のトイトレ状況は?

 

3歳児健診で尿検査があることは分かっていたので、トイレトレーニングを何とか進めようとあの手この手を使いました。

しかし、息子は全て断固拒否!

息子のトイレトレーニングに対する拒否はテコでも動かないくらいにお手上げ状態でした。

トイレトレーニングを進めるのは無理‥この子の時期を待つしかない!と腹をくくり

「とりあえず3歳児健診でおしっこだけ採れれば良い!」と考えを変えました。

はーちゃん
はーちゃん

一番目の子はうまくいったのに、子供によって成長はそれぞれ違うんだと実感しました。

オムツの子から採尿するために有効だと言われていること

 

では、オムツの子供から採尿するためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

言い聞かせる

3歳になってくると、こちらの言っていることをしっかり理解しているので、言い聞かせることが有効な場合があります。

この場合の言い聞かせのコツは、トイレトレーニングを拒否しているので、あまり「トイレでおしっこ」ということにフォーカスせず、

あくまで『病気がないか調べるよ』『バイキンさんいないかな?』など、トイレトレーニングをあまり意識させない言い聞かせ方が大切になってきます。

ただし、子供の性格もありますし、その時の機嫌もありますので、言い聞かせがうまくいくかは、その時にならないと分かりません。

 

オムツにティッシュを挟み、そのティッシュを絞る!

もはや、2番目にして最終手段です。笑

 

オムツの中に大量のティッシュやガーゼを当てて、その状態でオムツを履かせます。

そのまま子供がおしっこをするまで待ちます。

おしっこが出たら、オムツを脱がし、そのティッシュなりガーゼを絞れば、尿が採れるというわけです。

本当に、尿を採るためだけの作戦ですね。

 

では、息子の尿検査は実際どうだったのか?

健診当日。

前日までとにかく言い聞かせてきました。

本人も「うん」と言っていたので、トイレできるかな?と少し期待もしていました。

 

が。

 

全くの撃沈!でした。

トイレがイヤなら、お風呂場や洗面器にも誘導しましたが、全て断固拒否でした。

言い聞かせは私の息子には効果なし〜涙。

 

ということで、最終手段。

ティッシュを挟むことを実行しました。

でも、この時点でかなり怒って泣いていた息子は、まさかのティッシュを挟むことも拒否!!

 

はーちゃん
はーちゃん

何度かトイレに誘導したもんだから、すっかりブチギレてました。。

そこを何とか息子の気をそらし、息子の気付かないうちにティッシュを大量にオムツに挟みました。

 

単純な息子だからティッシュが挟まれたことに気付かなかったけど、これが敏感な長女だったらティッシュに気付いてオムツを脱いでただろうなと思います。

なので、トイレトレーニングに頑固なお子様の場合は、下手に尿検査のためにトイレに誘導せず、採尿することにだけフォーカスして、最初からティッシュ作戦を決行した方が良いかもしれません(^^;

はーちゃん
はーちゃん

単純な息子で助かった。。

ティッシュ作戦の結果は?

オムツにおしっこをしたことを確認し、ティッシュを恐る恐る絞りました。

すると、ちゃんと尿検査に必要な分はしっかりと採ることができました。

このティッシュ作戦で私が不安だったことは、検査時に「異物がある」などの理由で引っかからないかということでしたが、

それも何も問題なく検査を通過できました。

 

こうして、すったもんだの息子の尿検査は事なきをえたのでした(^^;)

終わりに

子供は一人一人違うし、思う通りにはなかなか進まないので、大変ですよね。

 

3歳児健診の尿検査にお困りの方がいましたら、参考になれば嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました