夫婦関係を本気で修復したい方へ『まず始めに読んでほしい記事10選夫婦仲の改善の法則【夫婦関係の修復への道】を①から読む

【夫に感謝しよう】と思うことが、逆に夫婦仲を険悪にしている理由。

夫婦仲を良好にするマインド
スポンサーリンク

こんにちは。3児の母のはーちゃんです。

私は、一人目出産後から
深刻な夫婦の不仲を経験し、

一時は別居を検討するほど
危機的な状況に陥っていました。

 絶えない夫婦喧嘩、激しい罵り合い、子供の前でも抑えきれないほど絶望的な状況でした。

そんな危機的状況を乗り越えて、
今があります。
その自身の経験から培った
夫婦関係の修復】の方法をお伝えしています。

他の記事を読みたい方は →→ カテゴリー《夫婦関係の修復

 

 

私は、前回【男性が一番嫌うこと】について書きました。

男性に最もしてはいけないこと。夫婦仲を険悪にしてしまう原因とは?
今日は、夫婦仲を改善するために覚えていてほしい、《男性の特質》をお話ししたいと思います。 男性だって、女性だって、言われたりやられたりすると嫌なことがあります。 その中でも、今回お伝えする男性の特質は、男...

 

今日はその補足をしたいと思います。

夫婦仲を改善するにあたって、良くノウハウ本で言われる【夫に感謝してますか?】というセリフ。

 

感謝し合える関係は、確かに素晴らしいと思います。

 

でもね?

夫婦仲で悩んでいる人に、【夫に感謝してますか?】って言ったって、

感謝出来てる関係なら悩まないわけで。

 

じゃあ、感謝出来てない自分が良くないから

まず感謝しよう!と自分を戒めて。。

 

それ、続きますか?

 

子育ても家事も全てがバタバタな生活なわけで、忙しくてギリギリな体力の中

夫に感謝しなきゃ!って

また自分を追い詰める。

 

必ず爆発します。笑

 

じゃあ、

【感謝待ち】をやめて【感謝する】って、

どうしたら良いのでしょうか?

 

その辺りを説明したいと思います。

 

それでは、どうぞ〜

 

どうしたら感謝できるの?

まず、感謝待ちをしてしまうカラクリは、こちらの記事に書いています。

 

▷▷詳しくはこちら

夫婦仲を改善するための方向性。自分の立ち位置の話【夫婦関係の修復への道②】
夫婦関係の修復への道①導入編はこちら↓↓ 今日からは、いよいよ夫婦関係修復のための具体的なお話に入って行きたいと思います。 夫婦関係の修復には方向性が大事 私は、前回の導入編にて、「自分が変わること」についてお伝え...
《夫婦仲が悪くなる原因の本質》と《夫婦関係を修復するために一番必要なこと》【夫婦関係の修復への道④】
こんにちは。はーちゃんです。 前回、夫へのイライラの裏に隠れた私の本当の気持ちについて書きました。 今日お伝えする内容は、こちらの続きになりますので、こちらから読んで頂けると分かりやすいです。▷▷ 私が...
夫婦仲を改善するために絶対に外せないこと。心の在り方の目指すべき形【夫婦関係の修復への道⑤】
前回、夫婦仲が悪くなる本当の理由についてお伝えしました。 この理由に気づくことは本当に大切。 言わば、《「そうならないといけない」と自分で勝手に勘違いし、 自分で勝手に苦しくなって、自分で関...

 

【感謝待ち】ではなくて、【感謝すること】ができると、人間関係には良いですよね。

 

でも、じゃあ、感謝しよう!としても

それだけでは、いきなりは無理な話です。

 

そもそも感謝は「するもの」ではなくて「湧き出るもの。」

 

感謝しなきゃ!と自分を追い込むことは、

自分に我慢や頑張りを強いているので

夫婦仲の改善においては逆効果なわけです。

 

感謝できないから、ダメなんじゃない。

 

感謝するには、自分が【感謝できるような状態】でいること。

つまり、自分に厳しくて、不安で頑張りすぎてるような自分が

どうして人に感謝ができますか?ってことです。

 

できなくて頼って助けられて、

有り難くて、嬉しくて

ありがとう!って心から感謝が湧き出るわけです。

 

 

楽になって、

自分に優しくなって、

周りにたくさん迷惑かけて、

周りに頼って、

助けられて、

【感謝できる自分】でいましょう。

 

どんどん頼って、どんどん迷惑をかけていこう

頼ることは、恥ずかしいことじゃない。

迷惑をかけることは、悪いことじゃない。

 

頼ることで、その相手に【役に立った】という充足感を与えることができるのです。

 

迷惑をかけてしまった!と思っても、案外と相手は、

「助けてあげた」

「許してあげた」

「人のダメなところを見れて、アニキ心が芽生えた」

「ダメなところを見せてくれるくらい信用してくれてると感じられた」

などというプラスの気持ちを抱いていたりします。

 

誰だって、頼られることはうれしいものです。

出来の悪い子ほど可愛いというのは良く言ったものですが、迷惑をかけられても、口では注意をしても、内心はほっとけないものなのです。

 

人に迷惑をかけたらダメだと小さな頃から教えられてきた人が多いかと思いますが

迷惑をかけることで、その人とより仲良くなるきっかけにだってなるのです。

 

人にしてはいけないことは、迷惑をかけることではなく、

相手に「一緒にいて感じるみじめさ」「マウント」など

「この人といると、なんだか疲れる。居心地が悪い。自分がみじめになる」などの気持ちを抱かせること。

それは、「相手のこと」ではなく、「自分が優位か」「自分がどう思われているか」ということばかりが気になっていると起こりやすいです。

 

頼る、迷惑をかけることにNGを出して、一人で頑張っていると、

寧ろ、このような「自分ばかりにベクトル」が行ってしまう状態になりかねません。

 

 

だから、私たちが考えることは

感謝できてるか、じゃない。

自分に優しくできてるか、です。

 

自分に優しくできていたら、自然と感謝できる自分になっています。

 

 

 

感謝しなくちゃ!って思わないで。

そうやって、また一つ自分で抱え込んで、自分を追い詰めないでほしいです。

 

この記事がどなたかのお役に立てれば幸いです。

 

 

コメント

  1. より:

    はじめまして。
    関係性に思い悩む中でこちらのblogを見つけ、とても心が軽くなりました。
    少しずつ前向きに、はーちゃんさんのように取り組んでみたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました