スポンサーリンク

食費や日用品費のやりくり費をうまく管理するおすすめの家計管理法を公開

こんにちは、はーちゃんです。

今日は、気分を変えて家計管理のお話をしたいと思います。

私は、赤字だった家計をなんとかしようと、約3年ほど試行錯誤をしてきました。

特に、手元の現金でやりくりをする食費や日用品費などの「やりくり費」は、予算を設けていても、ついつい使いすぎたりして、やりくりの管理が難しい項目でした。

家計を改善するためにまず取り組むべきことは?
こんにちは。はーちゃんです。 前回は、貯金できる家計にするための鉄則について話しました。 今日は、その次...

今日は、たくさん試行錯誤をする中でやっと落ち着いた《やりくり費を管理する方法》をご紹介します。

スポンサーリンク

1年以上前のやりくり費公開

食費 23000
コープ 7000
米 5000
日用品 5000
オムツ・子供費 5000
レジャー外食 8000
その他 7000

《やりくり費合計 60000》

この管理法の問題点

日用品費や食費として、それぞれ予算をあげています。

そして、月初めに生活費のお財布にまとめて1ヶ月分をいれていました。

この方法だと、いつも次のようなループに陥っていました。

財布の入れる場所で「食費のお金」「日用品費のお金」などと分けていましたが、食料や日用品などは、一緒に購入することが多く、支払いが同じだったので、わけがわからなくなる。

また、家計簿に付けるのも同じレシートなので、食費や日用品費を分けるのが面倒。

そして、食費と日用品費がごちゃまぜになり訳が分からなくなると、私のモチベーションが下がる。

モチベーションが下がると、その他すべての項目もごちゃまぜになりがちで、もはや全体の把握が困難に。

そうなると、月の途中から「もういいや」と投げやりになり、「やりくり費の総予算内で収まれば良い!」とハードルがさらに低くなる。

ハードルが低くなると、さらにモチベーションが下がる。。

という良くないループが、起こりやすかったのです。

また、1ヶ月分をまとめて予算立てていると、どうしても月初に使い過ぎてしまい、給料日前はかなりカツカツなことが多かったです。

お財布の中にお金が少ないという状態が、大の大人としてかなりストレスでした。

ズボラな私にあったやりくり費の管理法は?

食費・日用品 7,000×5週=35,000
コープ 7,000
オムツ・子供費 5,000
レジャー外食費 8,000
その他 5,000

《やりくり費合計 60,000》


変更した箇所は、食費と日用品費を合わせて週7,000円の5週管理とした点です。

※現在、お米はふるさと納税にてまかなっているので、7000×5週の予算内にはお米代は入っていません。

この管理法のおすすめ点は?

○食費と日用品をまとめて家計簿に付けられる

1週間単位なので、残金の把握がしやすく、買物の時に抑止力になる。

○月初に使い過ぎてしまうことがない。

1週間で使い切ってしまっても、必ず週始めには7,000円がお財布に入るので、月末に残金がほとんどなくなり、財布の中が乏しいという事態に陥らない。

◯5週設定にしているため、8ヶ月に一度食費と日用品費を全く使わない月がくるので、スライド貯金で無理なくお金が貯まる。

いろいろ試して、自分に合った方法を見つけよう

いかがでしたでしょうか。

家計管理はやりにくいなと思ったら、何度でも変更して良いと思っています。

自分に一番合っている方法を見つけること。

これが1番大切です。

どなたかのご参考になれば嬉しいです。

【家計公開】子供の費用が家計を圧迫⁈私立幼稚園児2名、専業主婦の一馬力の家計を公開!
現在、我が家は教育費ビッグウェーブの第一波を迎えています。 平たく言えば、私立幼稚園に子供が2名通っているということなんですが...