夫婦仲を改善するために、絶対に外せない大切なこと

夫婦仲を良好にするマインド
スポンサーリンク

こんにちは、はーちゃんです。

 

私は、1人目を出産後から壮絶な産後クライシスを経験し、夫と別居の話が出るまで夫婦仲は険悪になりました。

 

そこから脱することができた私の経験をブログに綴っています。

 

 

今日は、夫婦仲を改善しよう努力を始めて、恐らく皆んな一度はぶち当たる【壁】についてお話ししようと思います。

 

この点をクリアにしないと、夫婦仲を改善しようと頑張っても良い方向に行きません。

夫婦仲を改善しようとする中でぶち当たる壁

では、夫婦仲を改善しようとし始めて、

ぶち当たってしまう壁とは一体どんなものでしょう?

 

女性って、

子供のために

家族のために

自分のために

夫婦仲を改善しようと頑張る方が多い気がします。

 

だけど、そんな中、夫は以前と変わらずにいる。

夫婦仲を改善するために頑張ろうなんて夫からは微塵も感じないし、

ケンカを避けようともしないし、好き勝手に文句言ってくる。

 

「私がこんなに夫婦仲を改善しようと努力してるのに、夫は好き勝手に振る舞っていいね。」

と私も何度もイライラし、虚しくなりました。

 

「何で私ばっかり、夫婦仲を改善しようと頑張っているんだろう」

 

これが、夫婦仲を改善しようと頑張る中で、ぶち当たる壁です。

 

その壁の正体をつきとめよう

 

物事を成し遂げようとするときに、何も壁にぶちあたらずに、問題なく最後までいけることが最も良いと思われがちかもしれません。

 

でも、壁にぶちあたることは悪いことではありません。

 

その壁に、自分の本当の気持ちや望み、解決の道しるべが隠れているからです。

 

私は、この壁について深く深く考えました。

「夫婦仲を改善しようと自分ばかり努力していて、虚しい」

「夫は、夫婦仲がこんなに悪いのに、改善しようと思わないの?本当に離婚になっても夫は良いの?」

このような感情がグルグル回りました。

 

やはり「夫の態度に腹が立っているのだ」と、初めは思いました。

 

でも、ある時、やっと気が付いたのです。

 

私は、夫婦仲を改善しようと頑張るあまり、「良い妻」にならないといけないと思い込み、知らず知らず自分を追い込んでいたのです。

壁は、自分が作り出したものでした。

 

良い妻になろうとすることの問題点

「夫婦仲を改善すること」が、いつの間にか「理解ある良い妻になること」にシフトしてしまっていました。

 

どういうことかというと、

 

本当は嫌なのに・・

本当はしんどいのに・・

 

理解ある良い妻、良い女ぶって、「大丈夫だよ」と無理して引き受けたり、平気なフリをしちゃうんですね。

 

そこには我慢が伴います。

 

でも、良い妻になって、夫に感謝され認められて夫婦仲も改善されるなら・・と期待もあるわけです。

 

 

だけど、その期待は報われません。

なぜなら、男性は妻が「大丈夫だよ」と言えば、「大丈夫なんだ」としか思いません。

男性は察することはしないので、こちらが我慢して、

たとえギリギリのところで夫のために「大丈夫だよ」と言っていても、こちらの頑張りは夫には伝わらないのです。

 

そのため、我慢しても、その期待は報われずに、後に残るのは妻の不満だけになります。

 

そして何より、我慢は続きません。

我慢をすると、自分と同じだけの我慢を相手にも求めてしまうのです。

 

よって、「何で私ばっかり‥」という気持ちが芽生えてしまい、さらにイライラするという悪循環に陥ります。

 

夫婦仲を改善しよう!として

結局、ベクトルが夫に向かっているんですね。

 

自分の中にある「良い妻像」に囚われていた

私は、良い妻とは「よく家庭を守り、聞き分け良く、家族のために献身的な女性」のことだと思っていました。

夫婦仲を改善するには、そうならないといけないんだと思っていました。

 

でも、前回お伝えした通り、男性は頼られてこそ生き生きと輝きます。

頼られることで、自分の価値を実感し、大切にされていると感じるのです。

夫に大切にされるには?男性と女性はWIN-WINな楽チンな関係が正解♡
こんにちは、はーちゃんです。 前回、男性の本質ー【男性が真に求めていること】についてお話ししました。 今日は、引き続き【男性の本質シリーズ(?)】 男性は妻からどのように扱われたいか。 につい...

 

そのため、「大丈夫だよ」と平気なフリをして頼らないことは、実は大間違いだったのです。

 

しかも、男性は後から言われることが大っ嫌い!!

「だったら、その時に言えよ!」とかなり頭にきます。

 

なので、良い妻になろうとして、我慢し、結局不満を溜めてイライラすることは、

夫婦仲改善からは、全くもって間違った方法だったのです。

 

じゃあ、どうすれば良いの?

 

まさに、この記事に書いている通りです。↓↓

離婚を回避しよう!産後クライシスの解消の第一歩とは?夫婦仲を改善するために大切なこと
こんにちは。はーちゃんです。 前回、自分の過去の経験から「産後クライシスから脱する、たった一つの方法について」お伝えしました。 詳しくこちら▷▷ では、今日は「自分が変わるって、どういう風に?」というお話を伝え...

 

夫婦仲の改善は、相手へのベクトルではなく、

自分へのベクトルが全てです。

 

自分の気持ち

自分がどうしたいのか

自分の心の声を聞いてあげ

それを丁寧に拾っていき、自分をコントロールしていくこと。

詳しくはこちら▷▷

夫婦仲を改善するために欠かせない「自分を大切にする」ってどうやるの?
こんにちは、はーちゃんです。 私はこれまでブログにて主に【夫婦仲の改善】や【産後クライシスからの脱却】についてお話ししてきました。 ▷▷カテゴリー【夫婦関係】    ブログ記事にて、夫婦仲を改善するに...

ひとまず夫は関係ありません。

大切にすべきは、まずは自分。

 

自分優先でいきましょう。

 

良い妻ぶる必要なんかないのです。

だって、良い妻ぶらなくても

夫からしたら、

本来、ご機嫌で横にいてくれるだけで良い妻なんです、私たち。

 

 

 

だから、自分がご機嫌でいられる状態を作りましょう。

 

夫婦仲の改善は、だからベクトルが自分に向くことが必要なんです。

 

合言葉は、良い妻ぶらない♡ですよ。

 

詳しくはこちら▷▷

夫婦仲を改善するために、思い出してほしい大切な原則とは?
こんにちは、はーちゃんです。 私は以前、夫婦仲を改善するために必要なベースについてお伝えしました。 自分をダメだと思ってしまうと、夫から、自分をより認めてもらいたくなってしまうというお話でした。 ...

 

余談ですが、ご機嫌でいないといけないなら、怒っちゃいけないの?と思うかもしれませんが

 

もー!と子供のように、分かりやすい怒りは、男性は好きです。

 

嫌なことは、ハッキリ夫に伝える。

分かりやすく、簡潔に!

これが大切です。

 

 

続編はこちら▷▷

産後クライシスの解消法!夫婦仲を改善するために必要なベースとは?
こんにちは、はーちゃんです。 私は、今までブログにて、産後クライシスの解消法や夫婦仲の改善についてお伝えしています。 ▷▷カテゴリー「夫婦関係」 前回、「夫婦仲を改善するために、絶対に外せない大切なこと」に...

関連記事▷▷

夫婦喧嘩が絶えない!産後クライシスの実態とその原因を考察してみた結果
こんにちは。はーちゃんです。 以前にもお伝えした通り、はーちゃん家は1人目出産後から夫とのケンカが絶えず、一時的に夫婦仲がかなり険悪になりました。 その時は本当に辛くて辛くて。。 仲良く幸せな家庭を築きたい...
離婚を回避しよう!産後クライシスの解消の第一歩とは?夫婦仲を改善するために大切なこと
こんにちは。はーちゃんです。 前回、自分の過去の経験から「産後クライシスから脱する、たった一つの方法について」お伝えしました。 詳しくこちら▷▷ では、今日は「自分が変わるって、どういう風に?」というお話を伝え...
【夫婦仲を改善するための実践編】夫にイラッとした時に喧嘩を避けるおすすめの方法 | ママメモ
こんにちは。はーちゃんです。 早速ですが、みなさん。 ご主人にイラっとすることはありますか? ありますよね?笑 一緒に暮らしているんですもん、そりゃイラっときちゃうことは必ずあります。 でも、イラっとする度にケンカになっていたら身が持ちません。 たとえケンカにならなくても、自分の中でイライラを溜めて、相手に対して諦めの...
夫婦仲を改善するために。自分の人生を取り戻す!自己肯定感と被害者意識の話
こんにちは、はーちゃんです。 私は以前、夫婦関係の改善にあたって、自己肯定感の回復の重要性とその方法についてお伝えしました。 今日は、そこからさら進んで、次のステップに行くためのハナシ。 ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました