夫婦関係を本気で修復したい方へ『まず始めに読んでほしい記事10選夫婦仲の改善の法則【夫婦関係の修復への道】を①から読む

不安感や満たされなさがどのように夫婦仲に影響してしまうの?【夫婦関係の修復への道⑥】

夫婦関係の修復への道《本質編》
スポンサーリンク

こんにちは。3児の母のはーちゃんです。

私は、一人目出産後から
深刻な夫婦の不仲を経験し、

一時は別居を検討するほど
危機的な状況に陥っていました。

 絶えない夫婦喧嘩、激しい罵り合い、子供の前でも抑えきれないほど絶望的な状況でした。

そんな危機的状況を乗り越えて、
今があります。
その自身の経験から培った
夫婦関係の修復】の方法をお伝えしています。

他の記事を読みたい方は →→ カテゴリー《夫婦関係の修復

 

 

私は、今までの回で、「不安感」や「承認欲求の満たされなさ」等が

夫婦関係の悪化の原因になっていることについてお話してきました。

 

今回は、その「不安感」や「満たされなさ」があると、

どうして良くないのかを詳しくお伝えしていきます。

 

自己肯定感が低いと「不安感」や「満たされなさ」を感じやすい

まず、「不安感」や「満たされなさ」があると、どうして良くないかのお話をする前に

それに深く関係している「自己肯定感」についてお話していきます。

 

なぜなら、不安感や満たされなさと向き合い解消していくためには

自分で自分をありのまま受け入れ

自分で自分を赦し

自分で自分を愛する。

そんな自己肯定感を持つことが必要だからです。

 

自己肯定感とは・・
自分はありのままの自分で、ここにいて良いんだという安心感、自信のことです。

自己肯定感がないと・・・

・自分に自信がない

・周りの人の顔色が気になり、他人の軸で生きていってしまう

・自分で自分を認められないので、他人からの承認をより欲する。

・他人からの批判や意見に過剰に反応してしまう。それが、夫など身近な人になると、「何で分かってくれないの⁉︎」と相手への攻撃性が衝動的に出てくる。

 

自分で自分のことをダメだと思ってしまう。

そんな日本人女性って、多いような気がするのですが、気のせいでしょうか。

 

日本は、日本古来の「謙遜」「奥ゆかしさ」「平均化」の文化から

「自分のことを自分で良いと認める」ことを、「うぬぼれ」「自意識過剰」とごっちゃにしているのか、子供の頃から無意識的に背を向けてきているような気がします。

口では、子供に「自分を大切にしてね」と言いつつも、他人から我が子を褒められると「いやいや、そんなことないですよ〜」とつい言ってしまったり。

 

もちろん、そんな文化的な話ではなく、過去の辛い経験や育った環境から、自己肯定感が持てない方も多くいらっしゃいます。(はーちゃんは、コレです)

 

自尊心が持てずに、自分で自分をダメだと思ってしまう。

誰かに「ダメなやつだね」と言われたら、嫌だし辛いですよね。

 

それを自分で自分をダメだと思うってことは、
何かある度に、もう1人の自分が出てきて、
自分に「ダメなやつだな」と言っているようなものです。

 

1回言われただけでも、しばらくは辛いでしょうに、何度も何度も言われたら本当に心が辛くなってしまいますよね。

 

そうなると、夫婦関係にどのような問題が生まれるのでしょうか?

 

夫に、自分のことを認めてほしくて無意識に要求してしまう

自分で自分のことを認められない分を、

夫に認めてもらおうとするんですね。

 

以前もお伝えした通り、人には承認欲求があるため、自分含め誰からも認めてもらえない状態は辛いものです。

 

でも、自己肯定感を持ち合わせている人は、その承認欲求の満たされない心のゆらぎを、基本的に自分で対処できるのです。

自分に対する信頼が根本にあるので、落ち込んでもやがて自分でなんとか対処ができちゃう。

例えば、自分の好きなことをする、夫に素直に甘えてみる、家事育児を放棄してみる、お友達と話す、飲みに行っちゃう、一人で思いっきり泣く、日記を書くetc..

やり方はひとそれぞれですが、自分で自分のご機嫌をとって、立ち直る。

 

だけど、以前の私のように自己肯定感がなく、自分への不安感を持ち合わせている人は、それができないのです。

なので【自分でできないから、夫に満たしてもらう】ということ。

 

だから、夫に認められたくて、無意識に夫が喜ぶように我慢して
良い妻ぶって頑張ろうとしちゃう。

そうでないと愛されないと思ってしまってるんですね。

 

でも、以前伝えたように、夫にはその頑張りは伝わりません。

 

結果、「私がこんなに頑張ってるのに!」と爆発してしまうのです。

 

 

「良い妻ぶってしまう」の他にも、正論で責めたりしんどいアピールをしたりほのめかしたり、あらゆる手段を使って夫から認めてもらおうとしちゃうのです。

 

もちろん、このようなことをしたら、夫は認めるどころか嫌な気持ちになってしまいますが

 

「自分で自分をダメだと思ってしまう」私は、

誰かに

認められ、

受け入れられ、

愛されたくて必死なのです。

 

 

だから、褒めて認めてよ!って育児の大変さをアピールして責めたくなる。

愛されているか不安だから、夫に愛を確認したくなる。

 

「もう、私のこと嫌いなんでしょ?」「離婚したいと思ってるんでしょ?」ってただのケンカが究極な所まですぐに飛んでしまうのです。

 

でも、「自分はダメだ」と思い込んでいるので、

そんな女性に限って、男性からの「大切にしているサイン」や愛情表現を受け取ることを無意識に拒否していたりするのです。

 

つまり、夫からの承認や愛を受け取ろうとせずに、間違った方法で承認や愛を夫に必死に求めているという状態。

詳しくはこちら↓↓

夫に対して、なぜ私を大切にしてくれないの?と思う方へ【夫婦関係の修復への道⑪】
私は、全然大切にされない 私は、いつも後回しにされる 私は、損な役ばかり押し付けられる 私は、ツイてない   私って可哀想 私って不幸 そんな風に自分のことを...
夫がしてくれたことを素直に受け取れない!その原因は?被害者意識のこと【夫婦関係の修復への道⑫】
私は以前、夫から大切にされていると感じられる方法についてお伝えしました。 今日は、その補足をしたいと思います。 以前もお伝えした通り、夫からの妻を大切にしているサインって、一見分かりにくいのですが...

これでは、お互いに辛くなるだけです。

 

補足説明・・自己肯定感は、日々、多少の変化します。人間なので、元気な日もあればだめな日もあるのは当然のこと。自己肯定感もいろいろうまくいく時は、一時的に高まっていることもあります。ただ、根本的な「自己への信頼」が欠如していると、日々の生活でマイナスを受けやすく、すぐに不安感や満たされない思いを抱きやすいのです。

 

どうすれば良いの?

 

これは、自分で自分を認めてあげること。

自己肯定感をあげるしかありません。

 

何かあったら、自分をダメだと責めるのではなく、自分の1番の味方になってあげる。

 

詳しくは、私が実践した自己肯定感をあげる方法はこちらの記事でご紹介しています。

最初からうまくはいかない!アダルトチルドレンを抜け出そうとする私の紆余曲折の日々【夫婦関係の修復への道⑦《番外編》】
夫婦関係を修復するための鍵として、自己肯定感を上げることについて前回お話しました。 自己肯定感の欠如が夫婦関係をうまくいかせない大きな要因の一つだと気づいてから、 私は必死に自己肯定感をあげるために行動し...
夫婦仲を改善する鍵「自己肯定感」を高める方法【夫婦関係の修復への道⑦】
前回、夫婦関係の修復のためには、自己肯定感をあげることが必要だとお伝えしました。 なので今回は、実際に私自身が「自己肯定感をあげることができた方法」をお伝えしていきます。 自己肯定感は自分で高めること...
自己肯定感を高めるために。過去の自分を癒やし、過去と決着をつける方法。【夫婦関係の修復への道⑧】
前回、私が実際に行って効果のあった自己肯定感を高める方法をご紹介しました。 今回も【自己肯定感を高める方法】を続けます。 今回お伝えする方法は、即効性のある方法になります。 「自分は...
夫にキレてしまう原因は?自己肯定感と怒りの関係とは?夫にキレなくなった方法を紹介【夫婦関係の修復への道⑧《番外編》】
今日は過去の自分を赤裸々に話します。 産後クライシス真っ只中の時、私はもっっっのすごく夫に対してキレていました。 怒るじゃない。まさにキレる。 そのキレ方が、激しい。 一旦ブチっとくる...

この記事が、どなたかの参考になれば嬉しいです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました