スポンサーリンク

我が家の65歳時点の貯金額は?将来の家計をシミュレーションしてみた。

こんにちは、はーちゃんです。

我が家は、結婚後に破産寸前にまで家計が追い詰められた経験があるため、

その苦い経験の反動で、はーちゃんは家計管理が趣味になりました。

月々の予算決めとお金のシミュレーションをしながら電卓をたたくときが至福の時間♡笑

今日は、そんな家計管理好きな私のおすすめ「家計のシミュレーションができるサイト」をご紹介します。

スポンサーリンク

iction!みらい家計シミュレーション

それは、こちら。

▷▷iction!みらい家計シミュレーション

リクルートが運営している未来の家計がシミュレーションできるサイトです。

年齢、家族構成、生活費、‥etc..

情報を入力すると、65歳までの家計のシミュレーションができるんです。

年金や退職金は考慮しませんが、

☑︎住んでいる地域の平均

☑︎教育費にかかる平均

☑︎住宅ローン

☑︎車の買い替えなど

結構詳しくシミュレーションしてくれる優れもの。

かなりおすすめです。

我が家の65歳時点での貯金額は?

さて、早速やってみました。

手始めに

○夫のみの給料でこのまま生活した場合

子供は全員、私立大学(仕送り付き)

その結果は・・

1,058万

これに退職金を合わせれば何とかなる?

と思い、中身を確認したところ

第三子が大学に入学すると同時に、なんと貯蓄がマイナスー!

貯蓄がマイナスって、借金しないといけないわけですよね。涙。

でも、子供手当が考慮されていないので、子供手当が今後もちゃんともらえれば何とかなるのでしょうか。

そうは言ってもあまり余裕はないので、やはり私が働くことは、今後の家計に欠かせないようです。

こっそり、4人目を希望してみた

実は、結婚前、私はもともと子供が4人欲しかったのです。

でも、実際に産んでみると、体力的な面や経済的な面を考慮して、我が家は3人がベストという結論に至りました。

でも、密かに憧れる子供4人。

こそっとシミュレーションしてみました。笑

○夫のみの給料

子供4人、私立大学の場合(全員仕送り)

その結果は・・

まさかの-1,311万円!!

破産するしかないレベル!!涙

いや、でも私が働けば・・!

あきらめの悪い私は、さらにシミュレーションしてみる。笑

はい。私がパートしてもマイナス。

我が家には、やはり子供4人は厳しいことが分かりました。涙

子供手当が今後も最後までもらえて、

大学には家から通ってもらって、

奨学金ももらったら何とかなるのかな。←諦めが悪い。笑

いや〜子育てって本当にお金がかかりますね!

教育費は大学時の「仕送り」がかかる

教育費は、やはり大学時が一番かかります。

でも、今回のシミュレーションで改めて感じたのが、授業料もかかるけど、仕送りがかなりお金がかかるということです。

こちらが、「仕送りなし」の場合。

大学でかかる費用は678万円(教材費や課外活動費など含む)

それが、「仕送りあり」になるとこんなに跳ね上がります。

678万→1158万円

毎月10万円の仕送りで、4年間で480万円。

高いですよね。

最後に

いかがでしたでしょうか。

気軽に将来の家計のシミュレーションができるので、いろいろ試してみると新たな発見があって面白いですよ。

ちなみに、私はパソコンで我が家のライフプラン表も作っています。

漠然として不安に思うよりも、きちんと数字で表した方が、将来の家計がイメージしやすくなります。

是非とも家計のシミュレーションをしてみてくださいね!