スポンサーリンク

夫にイラっとした時に、ケンカを避けるおすすめの方法

こんにちは。はーちゃんです。

早速ですが、みなさん。

ご主人にイラっとすることはありますか?

ありますよね?笑

一緒に暮らしているんですもん、そりゃイラっときちゃうことは必ずあります。

でも、イラっとする度にケンカになっていたら身が持ちません。

たとえケンカにならなくても、自分の中でイライラを溜めて、相手に対して諦めの気持ちばかりになるのも、辛いものです。

怒りや失望の負の気持ちは、ものすごくエネルギーを使い、自分自身が疲れるのです。

今日は、夫にイラっとしても、それをうまく変換して、お互いに心地よい状態でいられるおすすめの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

イラっとした時に陥りやすい負の状況3パターン

ケンカになる

イラっとしたことを、そのイラつきの感情のまま相手にぶつけてしまうことってあると思います。

こちらとしては、自分に正当性があると思っているのでイラっとして怒るわけですが、相手の反応ってどうでしょうか。

自分に正当性があるはずなのに、悪びれもない態度を取られたり、逆ギレされたり。

その態度にさらにこちらはイラつき、そしてケンカに発展しやすくなります。

男性は、女性のヒステリーを嫌がります。

また、プライドが高いので、責められる言い方には敵対心が芽生えるのです。

女性だって、わーと責められたら、「うるさいな!」「自分だって、〜なくせに!」と腹が立ったりしますよね。

夫が心に壁をつくる

こちらが怒りにまかせて責めても、夫があまり反応をしないことがあります。

「分かった」や「ごめん」など短い言葉を発するものの、どこか無関心。

ケンカにならず、夫が分かってくれたのかなと、一見 良さそうに思えます。

でも、要注意。

男性は、繰り返される非難から自分のプライドを守るために心に壁を作ってしまう場合があります。

そうなると、夫から責められケンカになることはなくても、夫からの優しさや愛情深さも失ってしまうのです。

夫の無関心はとても辛いものです。

こちらが我慢し続け、夫に対して不満が募り、夫への信用がなくなる

どうせ言っても、ケンカになるだけ。

どうせ言っても、無駄。

そんな気持ちから、自分がひたすら我慢し続けている方はいませんか?

期待するから腹がたつとは良く聞きますが、それがさらに悪化し、夫への信用も失ってしまいかねません。

せっかく結婚したパートナーなのに、ただ給料を運んできてくれる同居人になってしまうのは寂しいですよね。

ケンカばかりな関係も良くありませんが、どちらか一方が我慢し続けている関係もよくありません。

イラっとした時に、それをうまく変換する方法は?

では、そのイラっときた火種を相手にぶつけるでもなく、我慢するのでもない、私が実際に行っている対処方をご紹介します。

それは、【イラっとした後の第一声を変えること】つまり【イラっとしている負の気持ちとは逆の言葉や行動をあえてする】というものです。

イラっとする▷▷「責めたい」「バカにする」「呆れる」など負の感情が次に来ます。

この感情のままに行動すると、最初は【イラっとする】というちょっとした火種だったものが、

【自分の態度や口調】そして【相手の反応】などにより、

まるで階段を転げ落ちるように、どんどん大きな炎になり怒りが増幅していきます。

そうなると簡単にはおさまりません。

そのため、意識してまずは あえて逆の言葉や行動をとるのです。

イラっとする▷▷あえて、まずは夫を労わるような言葉を明るく言ってみる

そうすると、

【自分の言葉や態度】に自分自身が落ち着き、

【相手から返ってくる反応】も良いものとなり、

それによって自分自身が満たされ

自分の中にあったイラっとする小さな火種が不思議と消えていくのです。

この方法は本当に効果があります。

逆に、あまり怒っていない場合でも、相手を困らせようと、ちょっとだけ嫌な態度をわざととると、相手の反応ももちろん悪くなり、あれよあれよとこちらもイライラした気持ちになり、険悪な雰囲気に一気になります。

お気をつけください。笑

あえて逆のことを行うとなぜ落ち着くの?

脳の錯覚を利用する

以前テレビで見たことがあります。

「同じ番組を無表情で見た場合と笑いながら見た場合、どちらの方が面白く感じるか」という実験をしていて、

結果は笑いながら見た場合なんだそう。

笑いながらという行動により、脳が楽しく感じてしまう錯覚によるものらしいです。

これと同じことで、負の感情があっても、ポジティブな言葉や態度をとることで、脳がポジティブになり気分が晴れるのだと思います。

相手に言ったひどい言葉は、自分自身も傷つける

人は不思議なもので、相手にひどい言葉を投げかけた場合、

その言葉で自分自身も無意識のうちに傷付いているそうです。

逆に、温かい言葉を相手に伝えると、その言葉によって自分自身も満たされます。

そのことによって、気持ちが落ち着くのだと思います。

最後に

この方法は、感情のコントロールにとても効果があります。

ここで、勘違いしてほしくないのは、すべてのことに、この方法を使ってくださいと言っているわけではありません。

きちんと、自分のイヤな気持ちに向き合い、それを相手に伝えなくてはいけない場合もたくさんあります。

この方法が有効な場合は

・すぐにカッとなる自分を変えたい

・相手にも言い分があるだろうからケンカになりそう

・ケンカではなく、ちゃんと話したい

・流して良いようなことだから、自分の中でおさめたい

などという時です。

また、モヤモヤが晴れない時や意味なくイライラする時、あえて私から夫にハグしに行ったりもします。

もちろん、払いのけられたりしたら余計に腹がたつので、夫のタイミングは良く見ていますが。

お試し下さると嬉しいです。

関連記事▷▷

夫に対してイライラがしんどい時に乗り越える方法
こんにちは、はーちゃんです。 私は、今まで、このブログで夫婦仲の改善や産後クライシスからの脱却についてをメインに伝えてきました。 ...